自然エネルギー発電事業

 豊かな自然環境を活かし、太陽光発電を中心とした自然エネルギー発電事業を行っています。
 太陽光発電に適した土地の取得、申請手続き、工事、お客様への引渡し、その後のメンテナンスまでを一貫して管理、実行するトータルサービスをお客様に提供しています。
 最近は、外国人労働者の受け入れにも力を入れているほか、自社社屋や新たに始めた鹿行市場で使用する電力の自給自足システムを構築し、お客様にご紹介しています。
 今後は、ソーラーシェアリングのほか、風力やバイオマスなど太陽光以外の自然エネルギー発電設備構築のため、さらに活動の幅を広げて行く予定です。

57224523.de5a67ad00b90fa2705f415b2dc49ed

日本における再生可能エネルギーの現状と太陽光発電

 太陽光発電は、シリコン半導体などに光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の光エネルギーを太陽電池(半導体素子)により直接電気に変換する発電方法です。

 日本における導入量は、近年着実に伸びており、2016年度末累積で3,910万kWに達しました。太陽光発電導入の実績では、中国、ドイツとともに世界をリードしています。

太陽光発電の特徴

1 エネルギー源は太陽光

​ エネルギー源が太陽であるため、基本的には設置する地域に制限がなく、導入しやすいシステムです。

2 用地を占用しない

​ 屋根、壁などの未利用スペースに設置できるため、新たに用地を用意する必要がありません。

​3 遠隔地の電源

 送電設備のない遠隔地(山岳部、農地など)の電源として活用することができます。

4 非常用電源として

​ 災害時などには、貴重な非常用電源として使うことができます。

固定買取価格の終了(アフターフィット)を見据えて

​〜自家発電自家消費へ〜

固定買取価格制度とは

 「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。

 この固定価格での買取が、余剰売電の市場(屋根設置型売電)では、2019年11月以降、順次満了し買取期間の終了を迎えています。

​ こうした中、エコワンでは、自社社屋の電力はもちろんのこと、自社で展開する「鹿行市場」や「鹿行マーケット」の電力も、自社太陽光パネルで発電した電力で賄うチャレンジを始めました。

 持続可能(サステナブル)な社会の実現に向け、お手本となるべく、自家発電自家消費を行っています。

shikumi.jpg

エコワンの太陽光発電事業

 弊社の太陽光発電事業では、引き続き資産運用を行う投資家の方々から数多く発電所建設工事のご契約をいただいています。

 弊社のシステムをご購入いただくことにより、高い平均利回りを実現し、安定した収益をあげることができます。

 また、ソーラーパネルは、屋外で長期間使用するため、メンテナンスを行うことが重要ですが、弊社でもメンテナンス業務を行っておりますので、安心して投資をご検討いただくことができます。

アフターフィットに対するエコワンの取組み

本社社屋及び鹿行市場、マーケットの自家発電自家消費

 本社事務所は2019年に新築移転しましたが、社屋の屋上にはもちろん、自社のソーラーパネルを設置しています。

 太陽の力で発電された電力により、事務所内の電気代はほぼ賄っています。玄関には、インパクトのある大きな水槽を設置し、お客様をお迎えしています。

 同様に、弊社が新たに取り組んでいる鹿行市場では、運営にかかる電力のほとんどを屋根に設置したソーラーパネルで発電した電力で賄っています。これにより、毎年の固定経費を抑えることができ早期の黒字化を実現しています。

 私たちは、同様の事業を営むお客様に、自家発電自家消費システムを自信を持っておすすめします。

エコワンのSDGsへの取組み

 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

 エコワンでは、豊かな未来に貢献するため、以下の項目を全社をあげて取り組んでいます。

R3-01-29 6.33のイメージ.jpg

 3 すべての人に健康と福祉を

 5 ジェンダー平等を意識しよう

 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

11 住み続けられる街づくりを

12 つくる責任つかう責任