エコワンの新たな挑戦

 日本の経済成長は臨界点に達し、経済成長最優先の大量生産大量消費による 「物質的な豊かさを追求した代償」がエネルギー問題や環境問題、フードロスの問題など、様々な問題として浮き彫りになり、山積した社会課題の解決と経済成長の両立のため、「持続可能な社会の実現」へ向けた大きな転換期に差しかかっています。

 私たちを取り巻く社会変化は悲観的な側面だけでなく、盲目的で画一的だった私たちに 「本当の豊かさとは何か?」「私たちの幸せとは何か?」を改めて問い、見つめ直すきっかけでもあると思います。そしてその答えは押し付けではなく多様であるべき。

 だからこそ改めて多くの人が地方の持つ豊かさに気づき、 再び輝ける可能性が大きくなってきているのもまた事実ではないでしょうか。

農産物の生産事業

 👉太陽光発電と農業の両立「ソーラーシェアリング」

 👉香取市水郷の大地で育てた「梨」「サツマイモ」

 

 ソーラーシェアリングとは、農地の上部に太陽光パネルを設置して、発電と営農を同時に行う手法です。

 影ができますが、遮光することで直射日光が苦手な作物の生育を助けます。

 作物に適した遮光率に応じて、パネルを広げて配置するなど、土地の重層利用をした画期的な手法です。

 現在は、半日陰でも育成できる「ニンニク」や「サカキ」などの栽培をしています。

 また、水郷の梨として親しまれている千葉県香取市の大倉 地区で梨園を構えています。
 8月上旬から幸水の収穫が始まり、9月には豊水、あきづき、かおりの収穫をします。

 「次世代農業と自然エネルギーが日本を変える」をスローガンに、農地所有適格法人株式会社エコワンファームと提携し、農産物の生産を始めました。
 現在は以下の事業に力を入れています。